ホーム / Uncategorized / 精力剤とは何が入っているのか

精力剤とは何が入っているのか

股間の元気がなくなってきた男性にとって、精力剤は最後の頼みになっていることが多いでしょう。それはよいのですが折角、精力剤を買うのであればどんな材料が使われているのか、ということはよく知っておくほうがよいでしょう。まずその筆頭として挙げられるのがマカになるでしょう。マカは、南米ペルーのアンデス山脈に自生する植物であり、当地でも精力を強くことができるものとして食されています。天然のバイアグラなどと呼ばれているくらいであり、健康的にもよいことが多いとされています。成分として、アミノ酸を筆頭に様々な栄養成分が入っています。非常に栄養価の高い植物であり、精力剤で性的な部分のみならず、滋養強壮なども期待できます。さらにもう一つ人気があるのがクラチャイダムになります。クラチャイダムは、ショウガ科の植物になります。そもそも根菜というのはとにかく滋養によい、精力によいとされているわけですから、クラチャイダムもそうしたものの一つであるといえるでしょう。見た目はショウガと同じようなものになります。こちらはタイが原産の植物です。クラチャイダムの成分としてよいとされているのが11種類のフラボノイドになります。このフラボノイドには抗酸化作用があります。それが健康促進効果があるとされているわけです。そして、性的なものとしてあるのがアルギニンになります。必須アミノ酸も各種は行っており、スタミナを強くする、疲労回復に効果があるものが多く配合されています。後はスッポンとかマムシなども入っていることがあるでしょう。これらも精力によい亜鉛やアルギニンが大量に含まれていることが多く、非常によい精力剤には含まれていることが多いです。さて、こうした材料で作られていることになりますが、要するに亜鉛、アルギニン、或いはその他アミノ酸、ビタミンなどが大事である、というのはどんな精力剤でも同じになるのですが、そこで精力剤を選ぶ時のポイントがあります。それこそが具体的にどのくらい含まれているのか、ということです。例えばマカはよいのですがマカが配合されている、ということよりもマカがどの程度の分量、含まれているのか、ということから考えることにしましょう。そこから判断できるようになりますとよりよい精力剤を選ぶことができるようになるでしょう。精力剤とは配合物も大事ですが、その配合量こそがまさに選ぶときのポイントになることでしょう。

著者について: